◎青森県民による、青森県出身者および青森県ファンのための、青森県産品だけを扱うネットショップ!


懐かしい青森の味。青森で "タケノコ" といえばこれ。

天然の山菜 を、産地から直送!
新鮮な山菜を産地直送!
青森で"タケノコ"といえば、この「ネマガリタケ」。「ネマガリタケ」は"笹"の仲間。"タケノコ"の代名詞"孟宗竹"と比べると身は細くて小さいのですが、味・食感は格別です。 アクがなく、茹でたり、焼いたり、炒め物や汁物など、青森県では非常にポピュラーな食材です。

青森の生活に密着している「ネマガリタケ」ですが、自生しているは山奥で、採取は非常に危険が伴い、 毎年数人の遭難者が出ているのも事実です。危険を冒してまで食べたい旬の食材。 青森県民だけで楽しむのはもったいない。ぜひ全国の皆様もお召し上がりください。
身欠きニシンとの煮物
皮を剥いて茹でた状態



ふるさとの味「ネマガリタケ」のおいしい食べ方

 ◎「ネマガリタケ」の下処理

  1. 「ネマガリタケ」の皮を、ナイフで"先の方から根元まで"少しだけ削ります。
  2. 量によって3分半〜5分くらい熱湯でゆでます(煮物にする場合は少し固めにゆでます)。
  3. ゆで上がったら、すぐに冷水に入れます。
  4. 冷ましながら皮をむき、かたい節をとります。
※下処理して水に浸しておけば、冷蔵で3日程度保ちます。早めにお召し上がりください。

 ◎「ネマガリタケ」のおみそ汁

定番の味噌汁
  1. 鍋に水とネマガリタケを入れ沸騰させる。
  2. 沸騰したらお好みの分量みそを入れて完成。
※おみそ汁に鯖缶をプラスしても美味しいです。
※豚汁に入れると食感が楽しめます。



 ◎身欠きニシンと「ネマガリタケ」の煮物

身欠きニシンと「ネマガリタケ」の煮物
  1. 調理前日、身欠きニシンを米のとぎ汁につけて一晩おきます。
  2. 身欠きニシンと茹でた竹の子を、 濃い口しょうゆ、酒、みりん、砂糖で煮る。
※みそとお酒で煮ても美味しいです。



 ◎焼きネマガリタケ

  1. 皮のついた生のまま、グリルまたは炭火で焼きます。
  2. みそ、マヨネーズ等をつけてお召し上がりください。


 ◎ネマガリタケご飯

  1. ゆでたネマガリタケを斜めに薄切りにし、油で炒めます。
  2. しいたけ、油揚げ、糸こんにゃくなどをしょうゆで煮付け、1と一緒に炊きたてのご飯にまぜて完成。


 ◎ネマガリタケの天ぷら

  1. 皮をむいたら生のまま、固めの衣をつけ、低めの油でゆっくり揚げます。


 ◎ネマガリタケの炒め物

  1. 豚肉を炒めてから、茹でた竹の子、糸こんにゃくと一緒に炒め、しょうゆ、酒、みりん等で味付けをします。


下処理後の「ネマガリタケ」の保存方法

 ◎塩漬け

  1. 「ネマガリタケ」の量(g)に対して3倍の塩をまんべんなくふりかけます。
  2. 重石等をのせて、新聞紙をかぶせておけば、常温で2ヶ月、冷蔵で5ヶ月保存できます。

※塩抜き方法
  1. 「ネマガリタケ」の塩を洗い流し、鍋に入れます。
  2. 鍋に水またはお湯をたっぷり入れて、3時間程で、新しい水、お湯に取り替えます。
  3. これを2回繰り返します。約10時間で塩が抜けます。


 ◎アルコール漬

  1. 梅酒を作るときなどに使う大きめの瓶に、焼酎(25度または35度)を入れます。
  2. 「ネマガリタケ」を入れ蓋をすれば、常温で10ヶ月保存できます。
  3. アルコール漬は、調理の際にスライスして、火を通せばアルコールがとびます。



IWKC0038
1,550 

たけのこ(ネマガリダケ)【1kg】

085 岩木屋

会員様情報