まごころふるさと便は、青森県内の生産者様から産地直送で、全国の皆様とをつなぐショッピングモールです。

ショップ名で探す

カテゴリで探す

季節で探す

市町村別で探す

ご利用案内

お問い合わせ

◎電話でのご注文

TEL 0172-59-1181
[受付時間]8:30〜17:00
[定休日]土日祝

◎FAXでのご注文
FAX 0172-59-1187
[受付時間]24時間受付中

◎メールでのお問い合わせ

営業カレンダー

は窓口休業日です。

烏城焼



自然釉にこだわる陶芸家・今井理桂の世界。

津軽烏城焼・三筋工房では窖窯と登り窯で焼成しています。 薪は主に赤松で、釉薬はいっさい使用せず、全て自然釉です。
自然釉とは、窯の中で薪の灰が作品に付着し、それが高温になって融けたものです。
従って焼き上がりが一品一品全て違います。
また、自然釉にこだわった作品づくりを続けている一方、その作品づくりに影響を与えた日本や朝鮮、中国の古い陶磁器を多数常設展示した美術館を併設しており、焼きもの愛好家にとって心やすらぐ場を提供しています。

三筋工房

窖窯と登り窯で自然釉にこだわった作品づくりを続けています。 特に窯場は、長さ15mの窖窯と長さ80mの登り窯を利用していますが、登り窯は、これから長さ150mにする予定です。完成すると部屋数88、1万個の陶器を焼ける世界最長の登り窯が誕生することになります。。

今井理桂 経歴

昭和22年12月21日 青森県南津軽郡平賀町に生まれる
昭和48年 陶芸の道に入る
昭和52年9月 足利焼窯元「朋隆」を興す・・・栃木県足利市名草上町
昭和55年9月 登り窯完成
昭和59年1月 日本伝統芸能文化週間"ジャパンウイーク'84"(フランス・ニース市)招待出品、訪仏
昭和60年1月 佐賀県武雄市 古唐津系多々良焼 金子認氏に叩き手技法を師事
昭和60年3月 「飛龍窯」(41段70m)完成
昭和61年2月 「飛龍窯」火入れ(5月窯出し)
窯出しと同時に「飛龍窯」を閉じる
昭和62年4月 シアトル桜祭りと日本文化祭(アメリカ・シアトル)セラミックアート部門招待出品
昭和62年10月 青森県弘前市に「鷹揚窯」築窯(登り窯-厳山、窖窯-渓泉)
昭和62年12月 「鷹揚窯」初窯出し
昭和63年8月 「朋隆窯」を閉じる
昭和63年9月 新潟県柏崎市南下に「陶芸の里」建設のための招聘を受け転居
昭和63年12月 柏崎市に登り窯「米山窯」(20m)築窯、窖窯「八石窯」(15m)築窯
平成元年1月 「米山窯」「八石窯」火入れ
平成元年7月 世界最長の登り窯「臥龍窯」(60段100m)築窯
平成2年4月 「臥龍窯」火入れ 8月15日窯出し成功
平成3年9月 青森県弘前市に転居、三筋工房設立
平成8年10月 青森県黒石市に窯場を移し、烏城焼としてスタートする150m大登り窯築窯に着手
平成9年3月 平成8年度青森県芸術文化報奨受賞
平成12年11月 2000年度国際文化交流功労特別大賞受賞
平成14年8月 2002年韓国国際薪窯フェスティバルに講師として招待される
平成16年2月 第30回国際公募美術家連展 総務大臣賞受賞


今井理桂 代表作

商品写真

>> 自然釉三筋壺

最大径19cm 高さ26cm

五輪の思想に基づいて作られた、三本の筋を胴に刻んだ壺です。工房の名称「三筋工房」は、この三筋からきています。

商品写真

>> 自然釉平安型大壺

最大径39.5cm 高さ45cm

平安時代に埋経する為に作られた壺の形です。

商品写真

>> 自然釉花生引付壺

38×36.5×高さ41cm

70メートルの大登り窯(飛龍窯)で70昼夜焼成した時の作品です。

商品写真

>> 自然釉大壺

最大径33.5cm 高さ40cm

100メートルの大登り窯(臥龍窯)で焼成したときの作品です

商品写真

>> 自然釉筒花生

最大径12cm 高さ24cm

降り積もった赤松の灰がビードロ化し、美しいエメラルドグリーンの釉溜まりになったものです。