まごころふるさと便は、青森県内の生産者様から産地直送で、全国の皆様とをつなぐショッピングモールです。
商品フィールド価格帯
円  – 
  • 2500円
  • 3400円
商品フィールド在庫
商品フィールド配送

カテゴリで探す

ショップ名で探す

季節で探す

市町村別で探す

ご利用案内

お問い合わせ

◎電話でのご注文

TEL 0172-59-1181
[受付時間]8:30〜17:00
[定休日]土日祝

◎FAXでのご注文
FAX 0172-59-1187
[受付時間]24時間受付中

◎メールでのお問い合わせ

営業カレンダー

は窓口休業日です。


アプライズ寿ファーム


厳しい環境が生み出す、引き締まった果肉。
木に優しい環境づくりがりんごをもっと美味しくする

日本一のりんご生産地青森県。その中でも黒石市は大部分のりんご畑が急な斜面にあります。急勾配の畑は平地の畑と違い、作業時に脚立が立てにくかったり、作業用の車が走りにくかったりと、決して農作業に向いている地形ではありません。しかし、昼夜の寒暖差が大きので糖度の高い味の良いりんごができること、畑の水はけがよく、常に新鮮な水がりんごの木に供給されること、傾斜を利用してりんごの木一本一本に十分な日光を当てることができることなど、デメリット以上のメリットがあるのです。
アプライズ寿ファームの佐藤武寿さんの畑は、急な斜面を何度も登った先にあります。りんごの生育が平地よりも一週間ほど遅く、大きさも小さいのですが、「その分、身が引き締められて味がのる」と佐藤さんは自信を持っています。実際、地元農協では、山手で採れたりんごを「山実(やまみ)」、平地で採れたりんごを「里実(さとみ)」と呼び、同じ品種のりんごでも「山実」は高値で取引されます。佐藤さんのりんごも「山実」で分類されるりんごです。さらに、りんごの美味しさを引き出すために極力有機肥料を使用し、土づくりと木づくりを大事にして生産しています。
佐藤さんは、代々続くりんご農家の8代目。農業大学を卒業後、農協の営農指導員として20年間、農業に関わっていました。りんご農家を切り盛りしていたご両親が体調を崩したことをきっかけに、ご両親のために農家を継ぐことを決意。自然と向き合う仕事で、日々忙しいながらも、りんごと、ご両親を大切に思う、直向きな姿勢が、そのままりんごの味に伝わっているように感じます。やさしさと美味しさの凝縮されたアプライズ寿ファームさんのりんごをぜひお試しください。
3,400 

褐紅色の縞が入っています。果実に袋をかけず、日光にたくさん当て、甘さ、香りなどの食味をいっそう良くした(外観と貯蔵性が劣ります)ものを「サンふじ」と呼んでいます。
果汁が豊富なうえ味のバランスが良く甘味と香りはしっかりとしています。

歯触りもシャキシャキと心地よく人気が高いリンゴです。

+

3,400 

[予約]贈答用 ぐんま名月(約5kg)

+

3,400 

[予約]贈答用 王林(約5kg)

+

3,400 

[予約]贈答用 ミックスおまかせ(約5kg)

+

2,500 

[予約]家庭用 サンふじ(約5kg)

+

2,500 

[予約]家庭用 ぐんま名月(約5kg)

1 個
+

2,500 

[予約]家庭用 王林(約5kg)

1 個
+

2,500 

[予約]家庭用 ミックスおまかせ(約5kg)

1 個
+