◎青森県民による、青森県出身者および青森県ファンのための、青森県産品だけを扱うネットショップ!

佐井定期観光株式会社




「青森ひば」の爽やかな香りで、安らかな日々を。

下北半島のひば 青森県下北半島の中核市である むつ市以西は、ほぼ全てが山岳地帯という希有な土地柄です。 恐山(釜伏山)をはじめとする多くの山岳からなるこの恐山山系は、いくつもの清流を抱えています。 そこに流れる綺麗な水を支えているのは、膨大な量のスギとマツ、それに青森ヒバです。


ヒバ産業 江戸時代末期、下北半島のヒバは大阪などからやってきた北前船の商人に高値で取引されました。 それにより、下北各地の港はヒバの積出港として大変栄えたといいます。その影響か、当時の関西地方の文化が伝わった形跡が下北各地に見られ、中でも各市町村で毎年行われる夏祭りでは、京都祇園祭の様式を垣間見ることができます。


ヒノキチオール 「青森ヒバ」は、ヒノキ科アスナロ属アスナロの変種とされる常緑針葉樹で、「ヒノキアスナロ」とも呼ばれます。 木材色は黄白色。やや強い独特の香りは特に爽快で、森林を思わせる爽やかな香りが人気です。 また、青森ヒバに豊富に含まれるヒノキチオールと呼ばれる化合物は、低毒性ではあるものの多くの菌類に耐性を示すため、医療分野においても利用されています。


エコシステム 日本には、木材価格の低下により管理が充分に行き届かず荒廃してしまう森が多く存在します。森の荒廃は大気中のCO2の吸収率を下げ、地球環境に悪影響を与えます。幸いなことに下北半島の森林においては、自治体や地場産業者の地道な努力によって伐採量などが管理され、比較的良好な生態系が維持されています。しかし、この先数十年、数百年というスケールで考えると、必ずしも充分とは言えません。私たち子孫の時代まで持続的な管理が行われるためには、森から一定の収益を得る必要があります。積極的に国内産の木材を使用することで、日本の豊かな森と、そこから得られる綺麗な水を守ることができるのです。

1,404 
2,592 
会員様情報