◎青森県民による、青森県出身者および青森県ファンのための、青森県産品だけを扱うネットショップ!

佐藤製菓



昭和以降の津軽出身なら誰もが知っている"あの駄菓子"

昔を懐かしむ人の「大人買い」が急増中!
「当物(あてもの)と呼ばれるくじ付駄菓子の老舗
くじ付きだから、みんなで楽しめる
津軽出身の方へのプレゼントにも
昔から変わらぬ製法・材料にこだわり
「当物」駄菓子の興奮と楽しさを次世代へ

みんなが集れば楽しい時間を演出!
津軽地方に昔から伝わる「当物(あてもの)」と呼ばれるくじ付き駄菓子。駄菓子屋さんが次々無くなっていくなか、近年では、大型連休・お盆・年末年始などの家族やお友達が集まる機会に、昔を懐かしむ30代〜60代の方の「大人買い」が非常に多くなっています。 昔、近所のあの駄菓子屋で買った、懐かしい「当物」を、今度は子供達に伝えながら楽しいひと時を演出してみてはいかがでしょうか。



箱を開けた瞬間"あの時代"の思い出がよみがえります。
「当たり」を出したい一心の"真剣勝負"
駄菓子の全盛期は、団塊の世代が子供だった昭和30年代。子供達は10円玉を握りしめて、甘いお菓子を買い求め駄菓子屋さんに走りました。なかでも「当物」は人気が高く、少ない資金の中で、いかに大きなお菓子を当てるか(いっぱい食べたいから)・・・と、目をキラキラさせて、願いを込めてくじを引いたものです。当時は弘前市周辺にも駄菓子を製造するお菓子屋さんが数店あり、いろいろな型の「大王」や「糸引」を作り、競い合っていました。

写真:「あおもり草子」No.96より 撮影/向井 弘)

「当物」の興奮と楽しさを次の世代へ。
「佐藤製菓」は、昭和27年創業。初代社長が考案した「いも当て(いもに見立てた白あんをドーナツ生地で包んだ当物)」が人気を博し、津軽を代表する駄菓子となりました。 昭和40年頃になると次第に製造するお菓子屋さんが減り、ついには「佐藤製菓」を残すのみとなりました。現在は息子さんが事業を引き継ぎ、「当物」の興奮と楽しさを次世代へ伝えるべく日々努力されています。
会員様情報