◎青森県民による、青森県出身者および青森県ファンのための、青森県産品だけを扱うネットショップ!

こけス



あそんで"たのしい"、かざって"かわいい"心安らぐこけしたち


大人からお子様まで夢中になれるボードゲーム「こけス」を楽しもう。
地域の小学生にも大人気の「こけス」
駒はこけしで、ルールはチェスのコラボ商品「こけス」。青森県立黒石商業高校の生徒達が、既存製品の新用途開拓商品として、 伝統工芸品の「こけし」を、世界的なボードゲーム「チェス」とコラボレーションさせようと考案した商品です。 こけしの要素を活かすことで可愛らしいお土産として、また、チェスの要素を持つことでゲームとして楽しむことができるように開発しました。
「こけス」のルールは、「チェス」のルールを簡略化した、特別ルールとなっています。大人からお子様まで、 家族みんな、友達みんなで楽しめるゲームに仕上がっています。また、ゲーム盤として使用する風呂敷の両側にもルールが記されており、 初心者でも気軽に遊べるように工夫されています。
ゲーム盤の風呂敷にもルールが記されています
絵付けはすべて手作業です
「こけス」の駒達は、全て手作業の一点物。1体1体、微妙に表情が違うのが、なんとも言えない愛着につながります。 お気に入りの子を見つける楽しさもあります。ゲームとして使うのがもったいないくらいです。(駒木地は機械加工されたものです)




「こけス」のなりたち
黒石市のこけし工人 阿保正文さんに協力のお願い
「こけス」は、高校生達のアイデアとたくさんの努力から生まれました。黒石商業高等学校は、地元の活性化のために、授業を通して様々な活動を行ってきた学校です。 平成22年(青森新幹線が開通した年)黒石市の新しいお土産として何か商品開発をしようと考え、"既存の名物を活かし、黒石市の活性化と伝統工芸の継承ができないか"という課題を掲げ、地場産業である「こけし」に着目しました。
昔のように、お土産・観賞用の他に、子供の遊び道具としても使えて、多くの人に興味をもってもらえる「こけし」をつくりたい。そして地元はもちろん、全国の人に「黒石のこけし」を 知ってもらいたい。と、商品化を目指しました。
試作品第1号
販売試作品
若者にとって「古い」「怖い」「置物」という「こけし」のイメージを、「新しい」「かわいい」「遊び道具」に変えることができれば、 興味をもってもらえるのではないかと考え、「遊び」「木でできている」 「駒っぽい」の要素から、駒が立体的な「チェス」と組み合わせてみては どうかというアイデアがうまれ、「こけし」と「チェス」の コラボレーションであることから、「こけス」と名付けました。
その後、試作や工人探し、ゲームルールの設定、商標登録、販売先探し、「こけス」を楽しんでもらうための大会の開催等、試行錯誤を繰り返し、 先輩から後輩へと受け継ぎ、6年間にわたり研究されました。現在は、当初から開発に携わっていた今(こん)先生が、定年退職を期に、 生徒達の意思を引き継ぎ「こけス」の制作・普及に情熱を注いでいます。
製作者の今さん



「こけス」の商品一覧
会員様情報