◎青森県民による、青森県出身者および青森県ファンのための、青森県産品だけを扱うネットショップ!

北彩屋(海峡サーモン)



津軽海峡の荒波に揉まれた"極上"の純国産のサーモン

しっかりのった脂、身の締まり。作り手の想いが伝わる味わいです。
日本で唯一の“純国産”サーモン
外国産とは比較にならない美味しさ
厳しい冬・荒波の津軽海峡育ち
鮮魚は1年に1度初夏だけのお楽しみ
鮮度抜群「活〆(いけじめ)」
過酷な環境が育む、極上の旨味。
「海峡サーモン」とは、大型のニジマス(ドナルドソンニジマス)を津軽海峡の外海で育てた、国産サーモンのブランド名です。「海峡サーモン」が育つ津軽海峡・大畑(おおはた)沖は、水温が低く、潮の流れが非常に速い場所。過酷な環境で育ったサーモンは、身が締まり、脂がしっかりのっています。一般的に売られている外国産のサーモンとは比較にならない極上の旨味をぜひご堪能ください。



2年8ヶ月をかけて、じっくりと大切に育てられたサーモンです。
1匹ずつ多くの時間と手間をかけています。
「海峡サーモン」の幼魚は岩手県八幡平と地大畑の養魚場(湛水)で育ちます。約500gまで成長したら大畑に集め、海で養殖できるように、海水馴致(海水にならす作業)を4日間かけて行います(この作業を行ってようやく津軽海峡の外海で養殖できます)。海水馴致を終えた幼魚は、津軽海峡に大畑沖合約2km、水深23mの場所に設置してある養殖イケスに移して8ヶ月間飼育し、体長60cm-70cm重量2kg-4kgに育ったところで水揚げされます。
かつては日本各地にサーモン養殖場がありましたが、養殖するために膨大なコスト・技術がかかる一方で、市場に流通されると海外の養殖サーモンと変わらない安価で取引される事などから徐々に養殖業者が減りました。美味しいサーモンを食べてもらいたい一心で、あきらめずに数々の困難を乗り越え、あくなき挑戦に挑んできた結果が結実しました。
会員様情報